【大阪府】 摂津國一之宮・住吉大社

摂津國一之宮・住吉大社

社格・旧官幣大社

住吉神社・総本宮

御鎮座・大阪市住吉区住吉2丁目9-89

御祭神

底筒男命(そこつつのおのみこと)
中筒男命(なかつつのおのみこと)
表筒男命(うわつつのおのみこと)
神功皇后(じんぐうこうごう)

 

住吉大社(すみよしたいしゃ)は、大阪府大阪市住吉区住吉二丁目にある神社。式内社(名神大社)、摂津国一宮、二十二社(中七社)の一社。旧社格は官幣大社で、現在は神社本庁の別表神社。

 

全国に約2,300社ある住吉神社の総本社であるほか、下関の住吉神社、博多の住吉神社とともに「日本三大住吉」の一社。また毎年初詣の参拝者の多さでも全国的に有名である。

 

 

創建

『日本書紀』神功皇后摂政前紀によれば、住吉三神(筒男三神)は神功皇后の新羅征討において皇后に託宣を下し、その征討を成功に導いた。そして神功皇后摂政元年、皇后は大和への帰還中に麛坂皇子・忍熊皇子の反乱に遭い、さらに難波へ向かうも船が進まなくなったため、務古水門(むこのみなと:兵庫県尼崎市の武庫川河口東岸に比定)で占うと住吉三神が三神の和魂を「大津の渟中倉の長峡(おおつのぬなくらのながお)」で祀るように託宣を下した。そこで皇后が神の教えのままに鎮祭すると、無事海を渡れるようになったという。一般にはこの「大津の渟中倉の長峡」が住吉大社の地に比定される。一方『帝王編年記』では住吉の地における鎮祭年を神功皇后摂政11年としており、住吉大社側もこの年をもって鎮祭としている。

 

また『住吉大社神代記』(平安時代前期頃の成立か)によれば、住吉三神は「渟中椋(ぬなくら)の長岡の玉出峡(たまでのお)」に住むことを欲したので、神功皇后はその地に住んでいた手搓足尼(田裳見宿禰)を神主として祀らせたという。この田裳見宿禰の後裔が、住吉大社の祭祀を担った津守連(津守氏)一族とされる。

 

 

社頭の鳥居を抜けた最初(正面)の建築物が反橋

住吉の象徴として大変有名で太鼓橋 (たいこばし) とも呼ばれ石の橋脚は慶長年間に淀君が奉納したものであるといわれております。昔は、この橋の近くまで波が打ち寄せられていたそうです。川端康成が、小説『反橋』で「上るよりもおりる方がこはいものです」と書いたことでも知られています。夜は21時までライトアップされ、関西夜景100選にも選ばれています。

 

 

神門を抜けると正面に第三殿(表筒男命)、右側に第四殿(神宮皇后)が並んで建てられています。

 

 

画像下は第四殿

 

 

第三・四殿の本殿(国宝)

 

 

第二殿(中筒男命)

 

 

第一殿(底筒男命)

第一殿~第四殿までの各御本殿は「住吉造」といわれており、神社建築史上最古の特殊な様式で国宝に指定されています。

 

 

 

 

初辰まいり

本殿向かって左の神門から始まります。

 

 

初辰まいり

商売発達のために遠方から訪れる人も多く、早朝から大勢の参拝客でたいへんにぎわいます。種貸社楠珺社浅沢社大歳社の四社をそれぞれにお参りするのが慣わしとなっています。

 

 

楠 珺 社(なんくんしゃ) 

初辰まいりの中心社で、初辰四社の御朱印はこちらで拝受することができます。

 

 

その他の境内社

 

 

御朱印

初穂料は各300円

 

 

オリジナル御朱印帳

 

 

PR

年末年始の宿泊はまだ間に合います。

南海本線、住吉大社駅から徒歩10分、1DKのツインベッドルーム。予備の布団セットで3名まで宿泊可能です。

2名で6.000~宿泊可能(清掃代別途)詳細は↓↓↓

https://www.airbnb.jp/rooms/12836821?guests=1&s=kcoLQkr1