【鹿児島県】 照國神社

照國神社

社格・別各官幣社

鎮座地・鹿児島県鹿児島市照国町1935

御祭神

照國大明神(てるくにだいみょうじん)

 

◎島津家28代当主 11代藩主 島津齊彬(しまづなりあきら)

例祭 10月28日

 

御祭神の島津齊彬公は文化6年(1809)御出生、嘉永4年(1851)43歳で薩摩藩・藩主を襲封され、安政5年(1858)薨去されるまで僅か7ヶ年間の治世であったが、その間の御事績は藩内のみならず日本国にとっても広く大きく数々のものを残された。生前の御遺徳を慕い崇敬の念を寄せる万民の願いにより神社設立の運動が起り、文久2年(1862)鶴丸城の西域である南泉院の郭内に社地を選定し、仝3年(1863)5月11日勅命によって照國大明神の神号を授けられ一社を創建した。

翌元治元年(1864)社殿竣工、照國神社と称し、明治6年(1873)県社に、仝15年(1882)別格官幣社に列格し、仝34年(1901)正一位を賜り、今日では、鹿児島の総氏神様として、多くの人々に崇敬されています。

 

 

大鳥居と斎鶴

斎鶴はこの照國神社の一氏子の方が神恩に感謝し奉納したと献木なんだそうで、島津斉彬公(18091858)時代に植栽された「イヌマキ」です。

 

 

神門

 

 

拝殿

 

 

創建時は権現造りの社殿だったが、明治10年(1877)西南の役の兵火に罹り焼失、その後再建も昭和20年に戦災で焼失。再建、改築を重ね現在の社殿に至っている。

 

 

社殿と本殿

 

 

島津齊彬像

 

 

御朱印

御朱印は拝殿左手の授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

 

 

照國神社アクセス

所在地・鹿児島県鹿児島市照国町1935

最寄駅・JR鹿児島中央駅から徒歩で20分

バスで約10分「天文館」バス停下車徒歩5分

市電で約10分「天文館」電停下車徒歩5分

URL http://www.terukunijinja.jp/page199515.html

乗り換え案内 http://www.jorudan.co.jp/norikae/