【京都府】 梅宮大社

社格・旧官幣中社 式内社 二十二社

御鎮座・京都市 右京区梅津フケノ川町30

御祭神(本殿四座)

酒解神(大山祇神)

酒解子神(木花開耶姫)

大若子神(瓊瓊杵尊)

小若子神(彦火火出見尊)

例祭 5月3日(梅宮祭)

 

御由緒

当社は今から凡そ千三百年前、橘氏の祖・諸兄(モロエ)公の母、県犬養三千代(アガタイヌカイミチヨ)が、橘氏一門の氏神として始めてお祀りした神社です。その鎮座の地は山城国相楽郡井出庄すなわち、今の綴喜群井出町付近であったと伝えられています。

其の後、天平宝字年中、千二百五十年ばかり前に、聖武天皇の妃・光明皇后と藤原武智麻呂夫人の牟婁(ムロ)女王が奈良の都に御遷座になり、更に泉川(木津川)の上流かせ山を経て平安時代の始め、嵯峨天皇の皇后・橘嘉智子(タチバナノカチコ<檀林皇后>)によって現在の地に遷しまつられました。当時、皇后は親しく行啓して盛大な祭儀を行われましたが、神前で雅楽が奉納されましたことは、此の時を最初の例とし以来、梅宮祭は四月上の酉の日に行われ、雅楽祭の名を高めました。

仁明(ニンミョウ)天皇は、千百五十年ばかり前、承和年中にこの祭を特に名神祭という国家の主要な神祭の中にお加えになり、醍醐天皇の御代に定められました延喜式では、国家の制度にのっとり、名神大社というもっとも高い格式に置き、祈年祭・月次祭・新嘗祭には朝廷からの幣帛(ヘイハク)を新饌台(シンセンダイ)の上に載せて奉るという、案上の官幣と呼ばれる最高の儀礼をもってまつられることになりました。

更に日本中で特選された二十二の大社の中に加えられ、明治の初めには官弊社に列せられました。相殿四座がおまつられになりましたのは、文徳(モントク)天皇の仁寿年中で、千百年ばかり前のことです。

代々橘氏の長者がお仕へしていましたが、県犬養三千代夫人が橘氏の祖でありますと共に、藤原不比等公の夫人となられました御関係から、藤原氏の摂政又は関白の家筋の方が橘氏長者を代行され、此の神社に藤原氏の氏神の春日神社と同様の崇敬を捧げられました。(梅宮大社御由緒より)

 

 

二の鳥居と楼門(京都府指定文化財)

 

 

拝殿

拝殿・楼門は共に文政11(1828)年に造営されており、拝殿も京都府の登録文化財に指定されています。

 

 

 

拝所と本殿を囲む回廊

 

 

摂社・若宮社(画像左上)と東門(画像右下)造営は元禄13年・文政7年に再造営。

 

 

 

楼門の外に祀られている西梅津神明社

こちらには天照大神、豊受大神が祀られています。

 

 

 

御朱印

御朱印は境内左手にある授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

また、当神社にはオリジナルの御朱印帳の用意もあります。

 

 

オリジナル御朱印帳

 

 

梅宮大社アクセス

所在地 京都市 右京区梅津フケノ川町30

最寄駅

阪急電車 嵐山線「松尾大社」下車、改札を出て正面の道を右へ。

桂川を渡って東進。川から2つ目の信号を左へ曲がる

 

(徒歩15分弱)。

URL http://www.umenomiya.or.jp/access.html

乗り換え案内 http://www.jorudan.co.jp/norikae/