【神奈川県】 荏柄天神社

社格・旧村社

鎮座地 神奈川県鎌倉市二階堂74

御祭神 菅原道真公(すがわらみちざねこう)

例祭 7月25日

 

 

 

荏柄天神社は、福岡市の太宰府天満宮、京都市の北野天満宮とともに日本三天神に数えられる神社です。天神の名が示す通り、祭神は平安時代の学者であり、政治家でもあった菅原道真公です。

延喜元年(901)菅原道真公は大宰府に流された後死亡、その後天変地異が続き、道真公の祟りと云われ、大宰府と京都に天満宮を創建しました。

ある時鎌倉にも雷鳴が鳴り響き、道真公の肖像が降臨したため、社殿を建ててお祀りしたのが当社の始まりと云われています。

1180年、源頼朝が鎌倉に拠点を置いた際、当神社(絵柄天神社)を北の鬼門の守り神としました。以降、時の武将の崇敬を集め、足利氏、北条氏、豊臣氏、徳川氏によって守られてきました。

 

 

社号票と鳥居

一の鳥居は県道204号線に沿って建立されていますが、鶴岡八幡宮や鎌倉宮からの流から殆どの方がこの鳥居からの参拝になっているようです。

さらに進んで行くと綺麗に整備されている石段があり、そこを登ると神門になります。

 

 

拝殿

社殿左右には梅の木が植えられており、(向かって左が白梅、右が紅梅)梅の花が咲く頃の境内は見事な風景を見せてくれます。

 

 

また、当神社では毎年6月に梅の実の収穫塩漬けをして、8月に境内に干すというこが通例となっているそうです。

そして、今年の(2016年)収穫には八幡宮の宮司(兼務)さんも参加されたそうです。

 

 

御本殿・・・残念なことに少しだけしか写りませんでした。

本殿は室町時代の初期に建てられた鶴岡八幡宮の旧若宮社殿を江戸時代に移築したもので鎌倉市の重要文化財に指定されています。(鎌倉最古の神社建築物とも云われています。)

 

 

拝殿向かって右にある社殿は神輿庫。

 

 

手水社裏の鳥居を抜けて石段を登ると熊野大権現社が鎮まっています。

 

 

神秘的な雰囲気が漂い拝殿前とは少し違う空気が流れています。

 

 

境内左奥に建立されている筆塚。

この筆塚は、河童の漫画を書き続けた清水崑の筆を供養する為に建立されたものです。

 

 

 

【御朱印】

御朱印は神門横の授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

 

 

授与所

 

 

絵柄天神社アクセス

所在地 神奈川県鎌倉市二階堂74

最寄駅 JR鎌倉駅下車 徒歩またはバス利用

URL(神社庁) http://www.kanagawa-jinja.or.jp/search_dtl.php4?jid=390&cd=1205003&scd=&npg=