【大阪府】 生國魂神社

生國魂神社(いくくにたまじんじゃ)

社格・旧官幣大社

鎮座地・大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

御祭神

生島大神(いくしまのおおかみ)

足島大神(たるしまのおおかみ)

 

例祭  9月9日

 

大阪市中心部、難波宮跡や大坂城(大阪城)から南西方の生玉町に鎮座する。かつては現在の大坂城の地に鎮座し、中世にはその社地に近接して石山本願寺も建立され繁栄したが、石山合戦後の豊臣秀吉による大坂城築城の際に現在地に遷座されている。

 

この生國魂神社が祭神とする生島神(いくしまのかみ)・足島神(たるしまのかみ)は、国土の神霊とされる。両神は平安時代に宮中でも常時奉斎されたほか、新天皇の即位儀礼の1つである難波での八十島祭(やそしままつり)の際にも主神に祀られた重要な神々で、生國魂神社自体もそれら宮中祭祀と深い関わりを持つとされる。また、同様に大坂城地から遷座されたという久太郎町の坐摩神社とともに、難波宮との関わりも推測されている。その後中世・近世を通じても崇敬を受け、戦前の近代社格制度においては最高位の官幣大社に位置づけられた、大阪の代表的な古社の1つである。

 

 

拝殿

 

 

 

 

 

以前の社殿は火災や戦火などで焼失していますが、現本殿は「生國魂造」と称し、桃山時代の建築様式を継承して造営されたものです。

 

 

拝殿向かって右手に祀られている天満宮と住吉神社。

 

 

天満・住吉社の奥に鎮まっている皇大神宮。

 

 

境内中程右手の鳥居を抜けていくと精鎮社が祀られています。

この精鎮社の前方は池になっており、鯉が放たれています。

 

 

 

 

画像下の左は鴫野神社(しぎのじんじゃ)と源九郎稲荷神社、右が城方向八幡宮(きたむきはちまんぐう)

 

社名の「きたむき」は「北向き」で、北方に位置する大坂城の守護神として鎮祭されたことによる。

 

 

八幡宮と並んで鞴神社(ふいごじんじゃ)、家造祖神社(やづくりみおやじんじゃ)、浄瑠璃神社が祀られています。

鞴神社・御祭神は天目一箇神、石凝杼売命、香具土神。

家造祖神社・御祭神は手置帆負神、彦狭知神。

 

浄瑠璃神社・御祭神は近松門左衛門ら文楽(浄瑠璃)関係者。

 

 

 

 

【御朱印】

御朱印は拝殿左にある授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

また、当神社にはオリジナル御朱印帳の用意もあります。

 

 

オリジナル御朱印帳

色違いで三色用意されております。

 

 

生國魂神社アクセス

所在地・大阪府大阪市天王寺区生玉町13-9

最寄駅 地下鉄谷町線・千日前線谷町9丁目西

 

URL http://www.jinjacho-osaka.net/osakafunai-no-jinjya/dai8sibu/tennouji-ku/m01i_01_tennouji_ikukunitama.html