【東京都】 赤坂氷川神社

社格・旧府社 准勅祭社 東京十社 

鎮座地・東京都港区赤坂六丁目1012

御祭神

素盞嗚尊(すさのおのみこと)

奇稲田姫命、(きしいなだひめのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

例祭 9月15日

 

創立の起源は、古い書物によると、天暦5(村上天皇 951)年武州豊島郡人次ヶ原(俗称古呂故ヶ岡・赤坂4丁目一ツ木台地)に祀られました。

これよりおよそ百年後の治暦2(後冷泉天皇 1066)年、関東に大旱魃が発生、降雨を祈るとその霊験(しるし)があり、以来よく祭事が行われました。

江戸時代、幕府の尊信は篤く、八代将軍 徳川吉宗公が享保元(1716)年将軍職を継ぐに至り、同141729)年に老中岡崎城主水野忠之に命じ、現在地(豊島郡赤坂今井台)に現社殿を造営、翌151730)年426日に、一ツ木台地から現在地への遷宮が行われ、28日に将軍直々の御参拝がありました。

以後十四代家茂公まで歴代の朱印状(※港区文化財)を下附され、一層の御神徳を高め、開運・厄除・良縁の鎮守神として尊崇を深められました。

赤坂氷川神社HPより

 

 

社頭の鳥居を抜けて少し進むと左手に九神社が鎮まっています。

九神社には天祖神社・春日神社・鹿嶋神社・八幡神社・諏訪神社・秋葉神社・厳島神社・金刀比羅神社・塞神社、九社が合祀されています。

 

 

九神社を過ぎると左に鳥居と手水舎、その先に神門が出てきます。その神門の横には愛嬌のある狛犬が座しています。

 

 

狛犬

 

神門

 

 

拝殿

 

 

緑に朱赤が映える秀麗な社殿です。

 

 

本殿は総檜の一間社流造り。

 

 

社殿右前方にある額堂と収蔵庫。

 

 

東側の参道から入ると珍しい狛犬が睨みを効かせています(省略)。その先左に神橋があり、その対面に四合稲荷が祀られています。

 

四合稲荷(しあわせいなり)

1. 古呂故(ころこ)稲荷

: 赤坂一ツ木二番地、古呂故天神社境内に鎮座

2. 地頭(じぬし)稲荷

: 氷川神社遷座以前より拠の地に鎮座

3. 本(もと)氷川稲荷

: 本氷川神社隣接、別当盛徳寺の地内に鎮座

4. 玉川(たまがわ)稲荷

: 赤坂門外の御堀端、現弁慶橋のあたりに鎮座

 

以上の四社を明治31年遷座合祀し、幕末より赤坂在住の勝海舟により、『四合(しあわせ)稲荷』と称えられました。

赤坂氷川神社HPより抜粋

 

 

四合稲荷の横には西行稲荷が鎮まっています。

享保の時代、田町5丁目(現在の赤坂3丁目付近)に西行五兵衛というものがおり、榎坂を通行中に狐の形をした三寸程の稲荷のご神体らしい像を拾い、勧請したため、「西行稲荷」としました。

 

 

西行稲荷の横の石段を登ると本社殿がある境内にと続きます。

 

 

【御朱印】

御朱印は社殿横の授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

また、当神社にはオリジナル御朱印帳の用意もあります。

 

 

オリジナル御朱印帳

 

 

新御朱印帳は色違いの三色が頒布されています。

 

 

旧バージョンの御朱印帳

 

 

赤坂氷川神社アクセス

所在地 東京都港区赤坂六丁目1012

最寄駅 ・千代田線「赤坂駅」より徒歩8

    ・日比谷線・大江戸線「六本木駅」より徒歩8

    ・南北線「六本木一丁目駅」より徒8

URL  http://www.akasakahikawa.or.jp/access/

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Cyndy Maly (金曜日, 03 2月 2017 20:10)


    I simply could not depart your site before suggesting that I really loved the standard information an individual supply to your visitors? Is gonna be again ceaselessly in order to inspect new posts

  • #2

    Ted Belfield (土曜日, 04 2月 2017 05:13)


    This is a good tip especially to those fresh to the blogosphere. Brief but very precise information� Appreciate your sharing this one. A must read post!