【埼玉県】武蔵國一之宮・氷川神社

鎮座地・埼玉県さいたま市 大宮区高鼻町1丁目407

社格・旧官幣大社

御祭神

須佐之男命(すさのおのみこと)

稲田姫命(いなだひめのみこと)

大己貴命(おおなむちのみこと)

例祭8月1日

 

御由緒

社伝によれば、第5代孝昭天皇34月の創建されたという。

『国造本紀』によれば、景行天皇の代に出雲の氏族が須佐之男命を奉じてこの地に移住したと伝える。成務天皇の時代に出雲の兄多毛比命(えたもひのみこと)が武蔵国造となり、当社を崇敬した。この一帯は出雲族が開拓した地であ り、武蔵国造は出雲国造と同族とされる。社名の「氷川」も出雲の「簸川」(現在の斐伊川)に由来するという説がある。

また、今から凡そ千二百年前の聖武天皇の御代には武蔵一宮と定められ、醍醐天皇の御代に制定された延喜式神名帳には名神大社として、月次新嘗案上の官幣に預かり、又臨時祭にも奉幣に預かる等、歴朝の崇敬を殊の外厚く受けてまいりました。

また武家時代になっては、鎌倉・足利・北条・徳川氏等相次いで当社を尊仰し、治承四年源頼朝公が土肥次郎実平に命じて社殿を再建、文禄五年八月には徳川氏が伊奈備前守忠次を奉行として社頭残らずを造営せしめ、寛文七年三月には阿部豊後守を奉行として社殿の建立をしております。

 

 

当神社の参道は日本一長いと云われている。また、東京都・埼玉県近辺に約200社ある氷川神社の総本社であり、他の氷川神社と区別す為に「大宮氷川神社」とも呼ばれている。

 

 

境内に入るとすぐ右には神楽殿と額殿が目に入ってきます。その神楽殿の対面には左には太平洋戦争に参戦した「戦艦・武蔵」の石碑が建立されています。

 

 

神楽殿の並びに(境内右)には天津神社と六社が続きます。

 

 

六社には、石上神社・雷神社・愛宕神社・山祇神社・神明神社・住吉神社が祀られています。

参道を挟んだ対面には、松尾神社が鎮まっています。

 

 

神池に祀られている宗像神社

 

 

稲荷神社

 

 

楼門

 

 

楼門を抜けると正面に現れるのは舞殿

 

 

【拝殿】

 

 

【御本殿】

 

 

社殿を取り囲む回廊から一度外に出ると「門客人神社」と「御嶽神社」が鎮まっています。

 

 

【御朱印】

御朱印は拝殿右の授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

また、当神社には二種類のオリジナル御朱印帳が用意されています。

 

 

オリジナル御朱印帳

 

 

武蔵國一之宮・氷川神社

所在地・埼玉県さいたま市 大宮区高鼻町1丁目407

最寄駅 JR大宮駅東口から徒歩約10分強

    東武野田線・北大宮から徒歩15分

URL http://musashiichinomiya-hikawa.or.jp/access/index.html