【神奈川県】 相模國総社 六所神社

社格・旧郷社

御鎮座・神奈川県中郡大磯町国府本郷935

御祭神

櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)

須佐之男命(すさのおのみこと)

大己貴尊(おおなむちのみこと)

寒川神社祭神・川勾神社祭神

比々多神社祭神・前鳥神社祭神

平塚八幡宮祭神

 

【御由緒】

第十代崇神天皇の時代、出雲地方よりこの地に移住した士族により、この地を『柳田郷』と名付けられ、氏族の祖神である櫛稲田姫命を守護神とし『柳田大神』と称しました、それが六所神社の始まりと云われています。

 

大化改新後、相模国の総社として現鎮座地に遷座し、 その時より、柳田大神に、一之宮寒川神社、二之宮川勾神社、三之宮比々多神社、四之宮前鳥神社、平塚八幡宮の分霊を合わせ祀り相模国総社六所神社と称されるようになりました。

 

 

鎌倉時代には、源頼朝公の崇敬誠に篤く、富士川の合戦の戦勝祈願を始め、北条政子の安産祈願が行われた神社として知られております。

 

 

境内に入ると両サイドには神池があり右に龍神社、左に水神社が祀られています。

 

 

【拝殿】

 

 

【拝所】

拝所に掛けられている注連縄は出雲地方で作られたものだそうです。

 

 

【御本殿】

御本殿は五間社流れ造り・小田原北條家が造営したもので、造営当時は全体が朱色に塗られていました。相模国内の神社の本殿では大変大型で、相模の神々のための五つの御扉が特徴です。

 

 

 

【石垣】

六所神社社殿を支える石垣は、戦国時代小田原の北条家により築かれ、関東大震災や天災に揺るぐことなく、四百数十年の永きに渡りて神社の礎になっています。

この石垣は当時の土木技術の高さを今に伝えるとともに、北条家の篤い敬神精神を感じさせます。また、この石垣は鷹取山の石を使い野面積という工法だと伝えられています。

 

 

 

【境内社】

六所稲荷と大神輿殿

 

 

【御朱印】

御朱印は境内右にある授与所で拝受できます。

初穂料は300円

 

 

六所神社アクセス

最寄り駅 JR東海道線 二宮駅からバス利用

所在地 神奈川県中郡大磯町国府本郷935

URL http://www.rokusho.jp/access/access.html