【神奈川県】 相模國四之宮 前鳥神社

社格・旧国幣小社

御鎮座・神奈川県平塚市四之宮4丁目14-26

御祭神

菟道稚郎子命(うぢのわきいらつこのみこと)

大山咋命(おおやまくいのみこと)

日本武尊(やまとたけるのみこと)

菟道稚郎子とは、現宇治神社の御祭神として祀られている神ですが、名前の「菟道」が山城国宇治(現・京都府宇治市)の古代表記とされるように、宇治地域と関連が深い人物である。

 

 

 

【御由緒】

神社名の「さきとり」は平安以前の古い地名で、相模川河原に接する自然堤防の南端で、地形名から起こったと言われています。奈良時代の天平7735)年の『相模國封戸租交易帳」には「大住郡埼取郷」として記載されています。

この「さきとり」の地に奈良時代以前、畿内から御祭神を「氏の上」とする氏人が移り住み、遺徳を偲び、清浄な地にお祀りしたのが「さきとり」神社と考えられます。延喜年間(901923)に編纂された『延喜式』という法制書の中で全国の著名な神社が収録されている神名帳に、当神社は「前鳥神社」と記され、相模国の十三座のひとつとして登載されています。また、四之宮の称は、養老年間(717724)の相模国の国府祭が始まったとされる頃に生じ、平安時代には四之宮郷として通称されるようになりました。

鎌倉時代には幕府の崇敬を受け、建久31192)年8月、源頼朝公夫人政子の安産祈願にあたり神馬の奉献があり、建暦21212)年に幕府は当社を将軍家祈祷所と定めました。近世に入ると、関東八カ国の領主となった徳川家康公は天正191591)年11月、当社に武運長久祈願のために朱印地十石を寄進、あわせて社地二千百余坪を除地として加護しました。

 

時代が近世初期になってからは、寺社領の確定により、古義真言宗雪霜山鏡智院神光寺が別当寺として祭事のすべてを掌っておりました。そして、明治維新の大改革の際に鏡智院家が復飾、名を神代にあらため、現在に至るまで神仕(かみつかえ)の職に就いています。

(前鳥神社・由緒より)

 

 

社頭の鳥居と、その手前にある鐘楼。(別当寺鏡智院の名残?)

 

鳥居を抜けて参道を進みますが、途中には数多くの石碑が建立・祀られています。

 

 

 

【拝殿】

 

 

社殿前には御神木「幸せの松」が聳え立っています。この松は稀に四本の葉をつけ、その松葉を身につけると幸せになるといわれている。

 

 

【神戸神社】

 

天照大御神をお祀りする神明神社、須佐之男命をお祀りする八坂神社の二社をお祀りする神社です。

 

 

【奨学神社】

 

百済の王子阿直岐と博士王仁、そして菅原道真公を御祭神とする奨学の神社。

 

 

境内は至って静かで、落ち着いた雰囲気を持つ神社でした。また、前鳥神社は平塚八景の一つに数えられているお社です。

 

 

 

【御朱印】

御朱印は拝殿左の授与所で拝受する事ができます。

初穂料は300円

 

 

前鳥神社アクセス

最寄り駅 JR東海道線 平塚駅よりバス利用

所在地 神奈川県平塚市四之宮4丁目14-26

URL http://www.sakitori.jp/access/