【埼玉県】 岩槻総鎮守 久伊豆神社

社格・旧県社

鎮座地 さいたま市岩槻区宮町2-6-55

御祭神・大国主命(おおくにぬしのみこと)

 春季例大祭 4月   秋季例大祭 10月

久伊豆神社は、埼玉県の元荒川流域を中心に分布する神社で、総本宮は可須市に鎮座する玉敷神社と云われています。

 

【御由緒】

同神社の創建は古く、今から約1400年前の欽明天皇の時代です。出雲の国より「大国主命」を御分霊・勧請したのが始まりとされています。
また、太田道灌が岩槻城を築城した際、当社を岩槻城の鎮守としたことから、現在でも同地の総鎮守として信仰を集めている神社です。

 

 

参道進んで二の鳥居を過ぎた右手には明戸庚甲(猿田彦神社)が祀られています。

 

その対面には神苑が広がっています。

 

 

 

 

【旧社務所と神楽殿】

 

旧社務所は大正14年に建てられたもので、現在でもお祭りの直会はこちらで行われています。

大正14年に建てられたものです。お祭りの直会もこちらで行います。

 

 

【拝殿】

拝殿は「平成の大改修」を終えたばかりで真新しい。

 

 

【御本殿】

 

 

【伏見稲荷(左)と榛名神社】

 

 

 

【北野天満宮】

社殿前には神牛・撫で牛と子育て犬が祀られています。

 

 

 

【御朱印】

御朱印は境内左にある新社務所で授与することができます。

初穂料は300円   

当神社にはオリジナルの御朱印があります。

 

 

オリジナル御朱印

 

 

久伊豆神社

所在地 埼玉県さいたま市岩槻区宮町2-6-55

URL http://www.hisaizu.jp/infomation.html#info