【埼玉県】 春日部八幡神社

社格・旧郷社

御鎮座・春日部市粕壁5597

御祭神

誉田別尊(ほんだわけのみこと)

神功皇后(じんぐうこうごう)

豊受姫命(とようけひめのみこと)

武内宿禰命(たけのうちのすくねのみこと)

春日部市の中心部から北西方面に向かい、東武野田線を超えた春日部市粕壁にある神社です。春日部市の総鎮守として、この地域を代表する神社の一社です。

 

【御由緒】

創建は今から約800年くらい前になります。
源頼朝が鎌倉に幕府を置いていた頃、春日部一帯を領地としていた「春日部治部少輔時賢」という人物が、鶴岡八幡宮を信仰・崇敬しており、その八幡宮を遥拝するために造営されたのが春日部八幡神社の始まりだそうです。

また、参道中央部には鶴岡の御神木の一枝が飛び来たり一夜のうちに繁茂したと伝えられる大銀杏が空高くそびえています。昔は、新方四十余郷の総鎮守で代々領主の守護神社であり、現在は春日部市の総鎮守として崇敬を集めています。

 

 

 

 

 

 

 

 

狛犬の上に建つ珍しい石灯篭です。

春日部久伊豆神社にも同じ様式の灯篭が建立されています。

 

【拝殿】

 

 

拝殿は入母屋造り銅版葺き、社殿としては江戸時代によく見られる権現造り。

 

 

 

【御本殿】

 

 

社殿向かって右側に掛けられている十二支の絵馬は見応えがある。

 

 

【境内社】

総鎮守と云われるだけあって春日部八幡神社には数多くの境内社が祀られています。

 

【鹿島社】

 

 

【愛宕社(左)・香取社】

 

 

【奥の院】

御本殿の真裏に建っているお社で元御本殿が鎮座していた場所となっている。

 

 

 

社殿右手の小高い岡に鎮まっている境内社郡。

 

【弁天社(左)・天神社】

 

 

 

【稲荷社】

 

 

【氷川社(左)・御嶽社】

御嶽社は足元が悪いので注意しながら参拝になります。

 

 

見ての通り同神社には境内社が多い為、参拝には少々時間を費やします。

 

【御朱印】

御朱印は境内左にある授与所で拝受することができます。

初穂料は300円

 

 

 

埼玉県神社庁より春日部八幡神社

所在地 春日部市粕壁5597

URL http://www.saitama-jinjacho.or.jp/shrine/9074/