【神奈川県】 江島神社

社格・旧県社

御鎮座 神奈川県藤沢市江ノ島2-3-8

御祭神

辺津宮

田寸津比賣命(たきりひめのみこと)

中津宮

市寸島比賣命(いちきしまひめのみこと)

奥津宮

多紀理比賣命(たきりびひめのみこと)

三女神を総じて江島大神と称してい

例祭 4月最初の巳の日

 

 

御由緒

江の島湧出については諸説ありますが、『江島縁起』では、欽明天皇十三年(552年)四月十二日の夜から二十三日の朝まで大地が震動し、天女が十五童子を従えて現れ、江の島を造ったと表現しています。このことを社伝では、「欽明天皇の御宇 神宣 により詔して 宮を島南の竜穴に建てられ 一歳二度の祭祀この時に始まる」と記しており、欽明天皇の勅命で、島の洞窟(御窟・現在の岩屋)に神様を祀ったのが、江島神社のはじまりであると伝えています。

その後、文武天皇四年(700年)に、役小角という修験者が、江の島の御窟に参籠して神感を受け、修験の霊場を開きました。これに続き、泰澄、道智、弘法、安然、日蓮などの名僧が、御窟で次々に行を練り、高いご神徳を仰いだと伝えられています。そして、弘仁五年(814年)に空海が岩屋本宮を、仁寿三年(853年)に慈覚大師が上之宮(中津宮)を創建。時を経て、建永元年(1206年)に慈覚上人良真が源實朝に願って下之宮(辺津宮)を創建しました。

 

鎌倉時代には、岩屋に参籠して戦勝祈願を行った源頼朝が八臂弁財天と鳥居を奉納。また後宇多天皇は、蒙古軍を撃ち退けた御礼として、江島大明神の勅額を奉納されました。このことから戦いの神としての弁財天信仰が広がり、東国武士たちが多く江の島を訪れるようになりました。江戸時代になってからは泰平の世となり、江島神社は戦いの神から芸能・音楽・知恵の神として、また福徳財宝の神として信仰されるようになりました。慶長五年(1600年)には徳川家康も参詣、代々の将軍たちも、病気の治癒、安産、旅行の安全などを祈願したと伝えられています。

江島神社HPより抜粋

 

 

江の島入り口の青銅の鳥居と社頭の朱の鳥居

 

瑞心門

朱の鳥居の正面、石段を上ったところにある龍宮城を模した楼門。

 

 

 

江島神社ご鎮座1450年を記念して奉献された「弁財天童子石像」と石段途中にある石碑。

 

 

 

石段を登ったところには辺津宮の社殿が鎮座しています。

この辺津宮は三社ある社殿の中で一番低い位置にある為「下之宮」とも云われています。

 

 

辺津宮は田寸津比賣命をお祀りする社殿で、土御門天皇 建永元年(1206年)、時の将軍・源實朝みなもとのさねとも が創建。延寶三年(1675年)に再建された後、昭和五十一年(1976年)の大改修により、権現造りの現在の社殿が新築された。

 

 

巾着の賽銭箱

拝殿前の巾着の形をした珍しい賽銭箱は、相模彫りと言われる独特の彫り物で、昭和三十四年(1959年)地元の商店によって奉納されました。制作者は鏡碩吉・北海道出身の人で、お賽銭を入れると音が出る仕組みになっています。

 

奉安殿

 

 

神奈川県の重要文化財に指定されている八臂弁財天(はっぴべんざいてん)と、日本三大弁財天のひとつとして有名な裸弁財天の妙音弁財天(みょうおんべんざいてん)が安置されています。

(有料)

 

中津宮へ向かう参道途中にには八坂神社と稲荷神社が祀られています。

 

 

中津宮

辺津宮からはエスカーの利用がよいかと思います。

 

 

市寸島比賣命をお祀りしています。

中津宮は、もとの上之宮で、文徳天皇仁壽三年(853年)に慈覚大師じかくだいしが創建。元禄二年(1689年)に、五代将軍・徳川綱吉により、本殿・幣殿・拝殿からなる権現造りの社殿が再建されました。現在の社殿は、平成八年(1996年)の全面的な改修によるもので、元禄二年当時の朱色が鮮明な社殿を再現しています。

 

平成二十三年(2011年)には幣殿、拝殿の床板を張り替え、御札授与所も再建され、社殿脇には水琴窟を構えた庭園が開園しました(開園時間は午前9~午後4/無料)。また、境内に奉納された石燈籠からは、江戸時代における商人・芸人・庶民の信仰の深さをうかがい知ることができます。

江島神社HPより

 

 

歌舞伎役者の手形と市村座奉納の灯篭

 

 

奥津宮

 

 

奥津宮は、多紀理比賣命をお祀りしています。

多紀理比賣命は、三姉妹の一番上の姉神で、安らかに海を守る神様といわれています。相模湾を臨む岩屋(龍神伝説発祥の地)に一番近い奥津宮は、昔は、本宮または御旅所と称され、岩屋本宮に海水が入りこんでしまう四月~十月までの期間は、岩屋本宮のご本尊が、ここ御旅所に遷座したと言われています。

 

社殿は壮麗を極めていましたが、天保十二年(1841年)に焼失。翌十三年(1842年)に再建されたのが、現在の御社殿(入母屋造り)で、昭和五十四年(1979年)に御屋根が修復されました。また、平成二十三年(2011年)に本殿が百七十年ぶりに改修されました。

 

 

拝殿天井に描かれているのは、どこから見ても、こちらを睨んでいるように見える「八方睨みの亀」。江戸の絵師・酒井抱一によって描かれ、平成六年(1994年)に片岡華陽が復元。藤沢市有形文化財指定され、実物は社務所にて保管されています。

 

 

龍宮(わたつみ)

奥津宮の隣にあり、岩屋本宮の真上にあたるところに平成五年(1993年)、崇敬者の御篤志により建てられたお宮です。御祭神は龍宮大神。毎年九月九日に例祭が行われています。江の島は、湧出以来、龍神の坐すところとなり、古来、龍神信仰は弁財天信仰と習合されていました。その密接なる結び付きは、『江島縁起』を始め、『太平記』等に多く残されています。

 

 

岩屋

奥津宮から歩いて約10分。江の島弁財天信仰の発祥の地です。多くの高僧や武将がここを訪れて祈願のため籠ったことを「江の島参籠」といってました。夏は岩屋に海水が入るので、昔は旧四月~十月の間は、岩屋本宮の神様を山の上の御旅所(奥津宮)に移していたと伝えられています。岩屋は、第一岩屋と第二岩屋があり、いずれも藤沢市が管理。現在は、何もお祀りされていませんが、多くの石仏や奇岩、句碑などを見ることができます。

 

 

【御朱印】

御朱印は辺津宮社殿横の授与所で拝受する事ができます。

初穂料は各300円

また、当神社ではオリジナル御朱印帳の用意もあります。

 

 

オリジナル御朱印帳

 

 

江島神社にはオリジナル御朱印帳が二種類頒布されています。

 

 

江島神社アクセス

鎮座地 神奈川県藤沢市江ノ島2-3-8

最寄駅 小田急・片瀬江の島 江の島電鉄・江の島より徒歩15~20分

URL http://enoshimajinja.or.jp/access/