【千葉県】 布良崎神社

布良神社(めらじんじゃ)

社格・旧郷社

鎮座地・千葉県館山市布良379番地

御祭神・天富命(あめのとみのみこと)

相殿

須佐之男命(すさのおのみこと)

金山彦神(かねやまひこのかみ)

 

《御由緒》

御鎮座は館山市布良(めら)、祭神は天富命(あめのとみのみこと)で、安房神社の祭神・天太玉命の孫神にあたります。天富命は神武天皇即位の始めに四国阿波の地から、麻と穀の栽培に適した東国の肥沃な土地を求めて、天日鷲命(あめのひわしのみこと)の孫を伴って、阿波の忌部(いんべ)一族を率いて布良の地に上陸したとされる人です。

 

上陸後、安房地方を開拓して麻・穀かじを植えながら、上総の国・下総の国へと開拓を進めていく一方、この地に残った忌部の人々と村人達は、天富命の徳を慕い、祭神として布良の集落に社を建てたのが布良崎神社の始まりと伝えられています。

 

同神社は元禄の大地震(1703年)の後も、明治9年(1876年)の大火・明治10年の台風等の度重なる被害を受けたことから、村人達は日掛け3厘の積立てを行い、明治13年から8年間の貯金を基金にして境内を整地し、明治41年(1908年)に現在の社殿を造営しました。

 

 

 

 

社頭から広い境内に入ると石垣の上に鎮座する社殿が見えます。

境内下の段には芝生が植えられていて、まるでゴルフ場かと思われるほど綺麗に整備されています。

石垣手前左手には大山祇神社が鎮まっています。(画像右下)

 

 

 

【石垣】

石垣に使用されている石は伊豆から漁師が船で運んできたものを使用。

当時、布良ではマグロ漁が盛んで、伊豆沖を漁場としていましたが、現在のように冷蔵技術がなく、布良までは持って帰る事が出来ず、近場の漁港である伊豆で魚を下ろしていたそうです。しかし、行きは餌を大量に積み、帰りは空になる為、船のバランスが取れず、止むなく伊豆から石を積んでの帰港になったそうです。その為に石が大量に溜まっていき困っていたところ、村人の考案で境内に石垣を造り、その上に社殿を造営したそうです。

 

 

 

《拝殿》

 

拝殿は入母屋造り・本瓦葺きで、向拝がない珍しい造りの社殿です。

 

 

 

《御本殿》

本殿は神明造りで、昭和25年に屋根の葺き替え工事をしている。

 

 

 

【神輿殿】

通常は閉められていますが、通りかかった「総代さん」のご好意で、神輿を拝観させていただきました。

殿内には神輿の他に、県知事から同神社宛に送られた感謝状や、ご高名な画家さんが奉納された絵画なども置かれていました。

 

 

 

【御朱印】

宮司さん、神職の方は常駐していないみたいで、この日は御朱印を拝受することはできませんでした。